相談に臨むに際して

相談相続問題に強いと判断される税理士が、ご自身の生活圏と行動範囲内に見つかれば、まずは無料相談の有効活用がお薦めですが、ここで今一度確認しておきたいのが、相手先の弁護士の相談実績です。無料相談会開催の目的は当然、相談者からの正式な仕事依頼に繋げる点に集約しており、限られた相談時間内の何割かは、当然費用面などの説明時間に充てられます。何の資料も話す内容も準備せずに相談に臨んでしまった場合、当を得ない会話だけで時間切れとなってしまい兼ねません。自身が直面している問題を冷静に確認する意味でも、自ら資料を作成する、税理士に話す内容を事前に確認しておくなどの「備え」が重要です。

また相談相手となる税理士との相性面のマッチングも重要です。確かな相談実績を誇る人物であれば、相手に合わせたより分かりやすい説明や、必要なポイントを押さえた簡潔なアドバイスを届けてくれます。専門知識を自分目線で難解に論じ続ける、相談者が知りたい内容には答えてくれないなど、人と人とである以上、いわゆる噛み合わぬ相手に遭遇する可能性もゼロとは言えず、安心して重要な自身の個人情報を伝えるに値する税理士か否かを、自身の感性で冷静に判断する姿勢も大切です。